はじめに

宅建は、毎年20万人近く受験者がいるにも関わらず、合格者が15~17%くらいしかいません。
それだけ難易度が高い試験とも言えますが、その一方で合格できなくて、悩んでいる方も多いと予測できます。

では、宅建に合格できる人と出来ない人の差は何処にあるのでしょうか?
それはズバリ!次の3つにまとめることが出来ます。

●良い教材のポイントを知らない
●学習ポイントを把握して、効率的な勉強が出来ていない
●勉強時間が少ない

多くの宅建不合格者は、このようなポイントが大事だと言う事は理解できるはずです。
理解できてはいるが、具体的どうするかその術を知らないのです。

今は、インターネットの普及により、多くの情報を入手できるようになりました。
その半面で、情報量が多すぎて、何が正しくて、何が間違っているのか判断できないのだろうと思います。特に教材に関しては、あらゆる情報が錯綜していますので、余計にユーザーを困惑させてしまっています。

しかしならが、今回紹介した3つのポイントは、宅建試験の本質を理解していれば 決して難しいことではありません。 表面的なことにとらわれているから、良い情報と悪い情報の区別が付かなくなっているのです。
例えば、A社のテキストはわかりやすいとか、B者の問題集は良いとか、C社の通信講座は 合格できるとか、何の根拠もない中で判断しようとしています。
それでは信憑性の薄い情報に流されてしまいます。

良いと言うには何故良いのかそれなりの理由があります。
それを知っていれば、誤った情報に惑わされる事なく、正しい情報を取り入れ、
そして実行に移す事が出来るのです。

そこで、このサイトでは、宅建に合格するために必要な3つのポイントを中心に話をすすめて行きたいと思います。 読みすすめていけば、宅建に合格するにはどういった教材が良いのか、
どういった勉強法よいのか、合格するためには勉強時間がどれだけ必要が理解できてきます。
これから宅建の資格取得を目指す方、もしく中々合格できない方に是非読んでほしいと思います。 少しの時間だけお付き合い下さい。

>>合格率を高める教材一式を揃えた宅建講座