宅建の合格率!

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成26年 238,343人 192,029人 33,670人 17.5%
平成25年 234,586人 186,304人 28,470人 15.3%
平成24年 236,350人 191,169人 32,000人 16.7%
平成23年 231,596人 188,572人 30,391人 16.1%
平成22年 228,214人 186,542人 28,311人 15.2%

合格率を見てみると15~17%位で、5人に1人も合格できない計算になります。
あなたは、この合格率は見てどう思いますか?
たぶん簡単な試験ではないと思うはずです。

私は、このサイトで再三申し上げています。
宅建は簡単な試験でなく、難易度が高いと。
ですが、インターネット上では、簡単だと言う風習があります。
それはなぜでしょうか?
まあ、今のインターネットは誰でも情報が配信できますので、信憑性に関しても疑わしいこともあるでしょうが、それでも難易度が高いと目にする事はほとんどありません。

実は私も本音を言うと合格率ほど、難易度は高くないと感じています。
言っていることが違うと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、
難易度が高くないといってしまえば、試験を甘く見て勉強する人が少なくなるのです。
たぶん、宅建の勉強をする際は、インターネットで色々情報を集めると思いますが、
そんな時に何処のサイトでも難しくないといってしまえば真剣に勉強する人が少なくなります。
だからあえて、難易度が高いと申し上げました。

合格率が低いのにも裏があります。
宅建の受験者数を見てもらえればわかりますが、毎年20万人くらい受験者がいます。
それだけ分母が大きくなり、しかも受験資格がない試験ですので、みんながみんな真剣に勉強しているとは考えにくくなります。
それを裏付けるように試験に申し込んでも実際に受験しない人は毎年6万人くらいいます。
要するに本気で合格を目指して勉強している人は少ない上、受験者が多いので、
合格率が低くなっているのです。

誤解のないように再度申し上げますが、宅建は簡単な試験ではありません。
ただし、合格率ほどの難易度はないのです。 良い教材で正しい勉強をすれば合格できる試験です。 そのことは是非覚えておいて下さい。

>>合格率を高める教材一式を揃えた宅建講座