良い通信講座と教材選びのポイント!

ここでは、宅建の勉強をする上で生命線となる教材について、説明してきます。
その際に通信講座を選ぶ上でのポイントも合わせて、紹介していきます。
なぜなら、通信講座といえども要はやはり教材です。
どんなに学校がフォローしてくれても、教材が悪ければもともこもありません。
教材選びもしくは通信講座選びで、悩んでいる方は是非とも参考にしてほしいと思います。

●DVDとCD講義を2つ用意する
実際に勉強すればわかりますが、音声だけのCD講義よりも講師の顔が見えるDVD講義のほうが、学習の理解が早まります。
しかし、DVD講義は自宅でしか利用できませんので、CD講義があればどこでも聞けるメリットがあります。可能な限り両方とも用意してください。

●DVD講義は、画面の迫力が必要
DVD講義を選ぶ際には、まず講義の内容を気にすると思います。
確かにそれは間違いではありません。
しかし、DVD講義は、実際に購入して勉強して見なくてはその良さがわからないのです。
ホームページに載っているサンプル動画だけでは、講義の良さを確認できません。

ではどうすれば良いのかというと、撮影方法を確認するのです。
というのもリアルの講義と画面を通しての講義とでは迫力に大きな差が出てしまいます。
迫力がなければどんなに講義が上手かったとしても、学習の理解が低下します。
ですので、DVD講義は、画面に迫力を出すためにハイビジョン撮影しているものを選んでください。ハイビジョン撮影していると臨場感がでて、実際に目の前で講義をしているかのような 迫力です。 ただし、ほとんどのDVD講座は、デジタルカメラの物撮りです。
それだと勉強どころか、長時間みていると眠気が襲います。

気になるDVD講義のホームページを確認して、撮影方法が書いていないのは、
やめた方が懸命です。気にしていないということですから。
ちなみに私が受講して合格したフォーサイトという通信講座は、ハイビジョン撮影でした。

●テキストはフルカラーで
学校の教書がフルカラーになっていると思いますが、それには理由があります。
脳を刺激し、記憶に残りやすくなるのです。
学校の教書がフルカラーになっているのはそのためです。
また、フルカラーになっていることで、重要項目のポイントがわかりやすいと言うメリットがあります。2色刷りや白黒のものはやめて下さい。

●テキスト、問題集、講義は同じものを揃える
それぞれバラバラに揃える人がいますが、それでは効率的な勉強できません。
学校によって書いてある内容、勉強する順番が違うのです。
勉強の流れは、講義とテキストで覚えた事は、問題集を使い確認することですので、
一緒のものを揃える必要があります。

●パソコン・携帯で学習できること
通信講座のページで触れましたので、目的は省力します。
どういった機能かというと一般的には、パソコンや携帯で問題が解けたり、
暗記系の勉強ができたりすることです。

以上が、宅建に合格するために絶対的に必要となるポイントです。

>>合格率を高める教材一式を揃えた宅建講座