宅建に合格するまで必要な勉強時間

宅建に合格するまでの必要な勉強時間は色々言われています。
一番多いのが、1日3時間、3ヶ月間勉強して300時間です。
但し、これはあくまでも目安で、その人の予備知識や教材、勉強法などによっても 変わり、
300時間の勉強で合格できる保証はありません。

実際に勉強した私個人の意見としては、効率的に勉強して、DVD講義や良いテキストに恵まれなければ、300時間の勉強では苦しいと思います。
ですが、これから宅建の勉強をはじめる方は、まずは300時間の目標を立てるのも良いのではないでしょうか!

しかし、ギリギリの期間設定をすることだけはお勧めしません。
例えば、試験は10月ですので、7月から勉強をはじめ1日3時間で計300時間といった形です。
たぶん実際勉強してみれば、普通の社会人なら予定通りに行かないことはザラにありますし、
300時間じゃ足りないということも十分考えられます。
まずは、余裕をもった期間設定と勉強する習慣をつけることが大切です。

ここでポイントなるのが勉強する習慣を付ける事です。
TOPページでも説明したように合格できる人とできない人の差は、勉強時間が少ないと言う事です。 勉強が出来ない原因は色々ありますが、一番は習慣が付いていない事です。
普段勉強慣れしていなければ、友人の誘いや趣味、その他の娯楽などの誘惑に負けて、どんどん先延ばしになってしまいます。
また、仕事をしている社会人なら、同僚や上司との付き合い、残業、接待などで勉強しようにもできないことが増えていきます。
しかし、そんなことを言っていたらいつになっても合格できません。

まずは、どんなに短い時間でもどんな勉強方法でも構いませんので、可能な計画を立てて実行するようにして下さい。
例えば、1日1時間、携帯電話で学習する、毎日1つの分野のDVD講義を見る、といった感じでも良いともいます。
はじめから、本格的勉強しようと思えば、嫌な気持ちになりますので、これなら何とかなると言うくらいの計画で構いません。
そして、勉強に慣れてくれば、徐々に時間を増やして言ってください。

当たり前の話ですが、勉強時間を確保して、はじめて良い教材や正しい勉強法が生きて来ます。 勉強時間というのは、もっとも大切なことですから、絶対に勉強するという強い意思を持って 下さい。

>>合格率を高める教材一式を揃えた宅建講座